神戸元町 ビンテージコスチュームジュエリー・アンティークウォッチのお店JeJeのブログです


by jeje-blog

カテゴリ:Bag( 32 )

夏小物~カゴバッグ~

JeJeに届いた夏小物でコーディネート提案。

ストロー素材のカゴバッグと水玉模様の古着ワンピースで、
可愛らしくもちょっと上品にコーディネート。
c0158081_1702960.jpg

夏に頻繁に見るカゴバッグですが、テイストはカジュアルでも
ナチュラルな感じでもなくビンテージらしい雰囲気がとても魅力です。
c0158081_1654797.jpg

c0158081_1654205.jpg

丸みを帯びた形やがま口が愛らしく思わせてくれます。
すべて日本製。編み込まれた模様は細やかな手作業で丁寧な仕上がり。
形崩れもせず、しっかりと作られています。
c0158081_16593488.jpg

一つのものをより長く大切に使う時代。
生産する側もそんな気持ちが込められ、
今でも使える素晴らしさは本当に感慨深い・・・。

JeJe Kisa

JeJe
TEL:078-332-9757
E-MAIL:info@jeje-web.com

[PR]
by jeje-blog | 2011-07-12 17:06 | Bag
ご好評を頂いております、OLD GUCCI COLLECTION。
入荷後すぐに売れてしまった人気のボストンバッグが2点入荷致しました。
c0158081_10174364.jpg

ちょっとした旅行にはもちろんの事、荷物多目な方にとっては、日常使いに重宝するサイズ。
塩化ビニール素材で汚れにも強く、何しろ驚くほど軽いのが魅力です。

お探しの方は、是非お問い合わせ下さいね。

商品に関するお問い合わせはコチラまで。
↓↓↓
TEL:078-332-9757
E-MAIL:info@jeje-web.com


ブランド創設90周年を迎えるGUCCI。
ちょっと素敵なイベントが開催されるそうです。

90年の歴史を紐解くアーカイブ展「時の贈りもの」
第一弾は、なんと京都は金閣寺が舞台。
c0158081_17335273.jpg
c0158081_164064.jpg


キーワードは「クラフトマンシップ」。

グッチ発祥の地イタリア・フィレンツェの姉妹都市「京都」。
世界遺産である鹿苑寺金閣、狩野外記作の水墨の襖絵で有名な方丈にて、グッチのクラフトマンシップの粋が盛り込まれたアーカイブが特別に展示されます。
c0158081_173455.jpg

日本とイタリア。伝統工芸の息づく地で、至上の伝統が融合する稀有な展示となりそうです。

何となく、「ブランド」というだけでいわゆる「ブランド品」を苦手に感じる時期がありました。

でも、多くの支持を得るには理由があって、歴史、伝統、こだわりなど、バックグラウンドを知るともっと好きになる。「ブランド物だから好き」「ブランド物は苦手」という色眼鏡を外せば、世界はもっと広がるんだな、というのが実感です。

OLD GUCCIをもっと知ることができる貴重な体験を、大好きな京都でできる。
今から楽しみでなりません。

京都・フィレンツェの伝統を未来につなぐ職人技
「時の贈りもの」~GUCCI90年のアーカイブ展~
期間│6月25日(土)~7月13日(水)
会場│鹿苑寺金閣(金閣寺)方丈
京都市北区金閣寺町1
時間│9:00~16:00(15:30受付終了)
入場料│1200円

期間│10月15日(土)~28日(金)
会場│京都造形芸術大学 ギャルリ・オーブ
京都市左京区北白川瓜生山2-116

会期|2011年11月
会場|グッチ銀座7F イベントホール
東京都中央区銀座4-4-10

JeJe Maki

JeJe
TEL:078-332-9757
E-MAIL:info@jeje-web.com

[PR]
by jeje-blog | 2011-06-03 10:57 | Bag
おなじみの「GG」ロゴ。モノグラムの柄として誰もが知る存在。
c0158081_1702799.jpg

ブランドにとってロゴとは証であり、それだけで印象を与えることのできる重要なもの。
歴史を積み重ねてきたGUCCIにはイメージを与えるロゴが幾つもあります。

創設当時、店の入り口の掲げられたのは創設者”グッチオ・グッチ”(写真左側)の
ネームをロゴにした「G.GUCCI」と「g.gucci」。ここからが始まりです。
c0158081_1656179.jpg


JeJeに届いたGUCCIバッグの中からも探ってみました。
50年代から使用されるようになった、筆記体のロゴ。柔らかいタッチが好印象を受けます。
c0158081_1792994.jpg

こちらは筆記体でもグッチオ・グッチの残した直筆をそのまま利用。
限定商品・オーダーメイド商品に用いられています。稀少モデルの証です。
c0158081_1794134.jpg

二つのGが向きあったロゴ。「インターロッキングG」と言われています。
今でもBrittラインとして、メタルのロゴをポイントにしたバッグや財布など多くに見られます。
c0158081_1710530.jpg

そして、こちらもインターロッキングG。
c0158081_17154273.jpg

JeJeには今はこのロゴのものはありませんが、
左右、上下に反転したGを組み合わせてできるモチーフ。
70年代ぐらいに考案されました。

その他にも店にはこんなモチーフの「GG」ロゴが・・・。
c0158081_17103129.jpg

c0158081_17105254.jpg

掘り下げてみると面白くありませんか?
それぞれの時代においてブランドとともにロゴも成長し
これからも私達を魅了し続けてくれるのかもしれません。

JeJe Kisa

JeJe
TEL:078-332-9757
E-MAIL:info@jeje-web.com

[PR]
by jeje-blog | 2011-06-02 16:36 | Bag

GUCCI ジャッキーモデル

続々と入荷するGUCCIバッグ、その中に最も古い稀少なもの。
50年代~60年代頃のクラシカルなスクエアのレザーバッグ。
c0158081_21153451.jpg

厚みのあるしっかりとしたレザーで、職人がハンドメイドで作り上げた傑作。
深いネイビーにフロントの特徴ある留め具が目を引きます。
c0158081_2116444.jpg

プッシュ式のクロージャーは今でもGUCCIのジャッキーラインとして使用される
知る人ぞ知るGUCCIの定番モデル。
元アメリカ大統領夫人”ジャクリーヌ・ケネディー・オナシス”が愛用し、
利便性を求める働く女性にとって最高のバッグだと示しました。

小振りながらも重みのあるショルダーバッグ。
その訳は内側に見ることができます。沢山の仕切りにポケット。
c0158081_21162490.jpg

細部まで考えられた完璧なバッグかもしれません。

気品が漂うバッグを持つとそれに相応しい女性になりたい
とさえ思わせてくれます。

重厚感に満ちたバッグ、
是非一度店頭にて一ご覧下さい。

JeJe Kisa

JeJe
TEL:078-332-9757
E-MAIL:info@jeje-web.com

[PR]
by jeje-blog | 2011-05-19 12:56 | Bag
グッチの歴史は古く、1922年に小さな皮革店を
イタリア・フェイレンツェに開業から始まります。

当初は職人技術によるハンドメイドの高級革製品を展開。
馬具を中心に旅行用バッグなどが作られました。

そんな馬具からヒントを得たかと感じる、総皮革のGUCCIバッグを紹介。
c0158081_17382351.jpg

フラップ(蓋)部分と留め具にHorse Shoeのデザインが落とし込まれています。

c0158081_111036.jpg
Horse Shoe(馬の蹄鉄):
魔よけ・幸運のお守りとして、古くからインテリアやジュエリーのモチーフに多用された。


グッチならではのGG柄。
エンボス加工が施されモノグラムが浮かび上がるようにデザインされています。
皮革は年を重ね、キャメルの色合いがビンテージらしい仕上がりに。
c0158081_17384331.jpg

内側はファスナー付きポケットと、向かい側に2つのポケット。
状態も良好です。
c0158081_17385723.jpg

皮を編み込み仕上げた、Horse Shoeの留め具が特徴。
金具には「G」マーク。
c0158081_17393359.jpg

カバンによく見られがちなボタンやファスナーではなく、
カバン中央にポイントを持たせ下からクリップ留め。

細部の拘りが伺るオールレザーバッグ。
JeJeお薦めの一つ。
定番なグッチバッグでは物足りない方に是非。

JeJe Kisa

JeJe
TEL:078-332-9757
E-MAIL:info@jeje-web.com

[PR]
by jeje-blog | 2011-05-10 17:42 | Bag
ブランドにはそれぞれ「顔」になる定番商品があって、
人気に裏付けられた「定番」ゆえ、流通する数が多いのも自然な流れ。

GUCCIで言えば、ダブルGマーク、緑赤緑のウェビングなどがそれに当たります。

そのブランドらしさが最も表れる優れたデザインだから「定番」を好む方いれば、
さり気なく持ちたい、という方も。
c0158081_1041585.jpg

そんな方にお勧めなのが、オールレザーの、シックでかっこ良いオールドグッチ。
c0158081_1063972.jpg

ショルダーストラップはボタンで取り外し可能。
c0158081_10714.jpg


c0158081_1072539.jpg

「可愛い」というよりも、「大人顔」。背筋が伸びる感じ。

c0158081_1083462.jpg

ストラップを外せば、クラッチバッグとして使う事も。

c0158081_13344098.jpg

サイドに金具はなく、バッグ内側のループと、ストラップ自体に取り付けられたスナップボタンで取り付けられているので、ストラップを外した際に、邪魔な金具が残りません。

使い手の立場に立った物作りの視点を感じ、思わずうーん、と唸る優れモノ。

女の子が大好きな2wayバッグ。
さり気無く、GUCCIを取り入れたい方に、是非。

JeJe Maki

JeJe
TEL:078-332-9757
E-MAIL:info@jeje-web.com

[PR]
by jeje-blog | 2011-05-04 13:35 | Bag
c0158081_23502230.jpg

「FLORA フローラ」
GUCCIがただ一人の女性の為に作り上げた、美し過ぎるデザイン。
c0158081_2191843.jpg

この瑞々しいフラワープリントは、1956年、グレース・ケリーの結婚式の引き出物としてグッチがプロデュースしたスカーフの柄なのです。
c0158081_255791.jpg

グレース・ケリーと言えば、「シンデレラ・ストーリー」の象徴。
ハリウッド女優からモナコ公国の公妃への転進は余りにも有名なストーリーです。

美しい彼女に相応しい、GUCCIの中でも最もフェミニンでエレガントなデザイン。
ダブルGやホースビットのイメージが強い、モダンなGUCCIのモチーフの中で、
明らかに異質な存在。
これもグッチ??と嬉しい驚きで、クラクラしてしまいます。

c0158081_052830.jpg

斜め掛けすると、こんな感じです。長過ぎず短過ぎない、「ちょうど」なレングス。
シンプルな装いには、こんなにも華やぎを与えてくれます。

数年前に復刻され、即完だったという「FLORA」の80年代当時の貴重なBag。
さり気なくGUCCIを取り入れたいという方にお勧めです。

JeJe Maki

JeJe
TEL:078-332-9757
E-MAIL:info@jeje-web.com

[PR]
by jeje-blog | 2011-05-01 00:27 | Bag

GUCCIトートバッグ

GUCCI定番の大きめサイズのトートバッグ。
サイズは約H36.5×W31×D8.5。
c0158081_16584591.jpg

GG柄キャンバスは塩ビ製素材の為、雨にも強く汚れにくいので状態も良好です。

プラウンのGG柄に持ち手はパッと目に惹く緑と赤のウェビングライン。
c0158081_16582518.jpg

中央のポケットにはゴールドのロゴが輝きます。
c0158081_16583655.jpg

内側タグに”GUCCI Accessory Collection”のゴールドスタンプ。
c0158081_1658575.jpg


GUCCIのシリーズの中でも定番中の定番アイテム。
トートは肩から下げるとこんな感じに。
c0158081_0322417.jpg

GG柄のバッグはシンプルな服装に合わせるとアクセントになって
GUCCIならではの存在感が伺えます。

GUCCIをと取り入れたスタイル、カジュアルな装いにもカッコ良く決めてみたいものです。

JeJe Kisa

JeJe
TEL:078-332-9757
E-MAIL:info@jeje-web.com

[PR]
by jeje-blog | 2011-04-30 00:33 | Bag
GUCCIといえば、このモノグラム。
誰もが見てすぐにGUCCIだと分かるほど有名です。
c0158081_16123874.jpg

モノグラムの起源は聖書の表紙に記された文字を美しく装飾した飾り文字にあるようです。
後に中世ヨーロッパ貴族の間で自分のイニシャルを持ち物やリネンなどに
美しく刺繍することが流行し、民間に広まったと言われます。

GUCCIのモノグラムが採用されたのは1960年代。
創業者グッチオ・グッチの頭文字をとり、ダブルGのモノグラムを品質保証をするために使用。
世界で初めてデザイナーの名前を入れて商品を販売されました。
グッチのモノグラムブームの起源はこの頃からになります。

今やルイ・ヴィトンやコーチ、クリスチャン・ディオールなどでも
モノグラムを入れた商品はブランドには欠かせないもの。

世界最高峰のブランドだからこそ、今までに至る深き歴史があります。

現在、店頭に並ぶダブルGのバッグ達。

c0158081_2119669.jpg
c0158081_21191534.jpg

素晴らしいGUCCIの製品は、当BLOGにて続々ご紹介してゆきます。
コーチに続くブランドバッグの第2弾、是非お楽しみ下さい。

c0158081_1613533.jpg


JeJe Kisa

JeJe
TEL:078-332-9757
E-MAIL:info@jeje-web.com

[PR]
by jeje-blog | 2011-04-28 21:21 | Bag

OLD GUCCI オールドグッチ

ネクスト・ステージ。
今回の『OLD』 Collection、主役はブランドの元祖『GUCCI』です。
c0158081_18394526.jpg

創業より90年の歴史を誇るイタリアのハイ・ブランドから、
60~80年代を中心とする『OLD GUCCI』にフォーカスしたフェアを開催致します。

実は、90年代以降のGUCCIには、グッチ家の人々は携わっていません。

財産、形成戦略を巡るお家騒動、スキャンダラスな事件...
低迷したブランド再建の為、グッチ家の人々はアラブ系資本に株を売却。

『グッチ家が手掛けた、本物のGUCCI製品』は、80年代までのモノ、とされているのです。

c0158081_1945541.jpg

『最高の伝統を最高の品質で、しかも過去のよいものを現代に生かす商品作り』をコンセプトに生み出されたグッチの品質は、グレース・ケリー、オードリー・ヘップバーン、ジャクリーヌ・オナシス...etc多くのセレブに愛用されたことからも明白。

c0158081_1853039.jpg

エレガントでかっこ良い、上質なオーラに満ちたオールド・グッチ。
現在、続々と入荷しております。

本物に拘る方、ぜひ店頭にてご覧くださいませ。

JeJe Maki

JeJe
TEL:078-332-9757
E-MAIL:info@jeje-web.com

[PR]
by jeje-blog | 2011-04-25 19:50 | Bag