神戸元町 ビンテージコスチュームジュエリー・アンティークウォッチのお店JeJeのブログです


by jeje-blog

<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

秋の一片

ひらり ひらり と舞い落ちた、緑をまだ残した一枚の葉

一枚、また一枚

静かに積もり行く

足元に重なる秋の一片を

一枚、また一枚

拾い集め、拾い集め

つないでゆく

c0158081_2143261.jpg


秋のネックレスが出来上がりました。

c0158081_21431876.jpg


というのはフィクションですが、そんなストーリーがあるかのような、
秋のようなネックレスです。

Lucite(ルーサイト)というアクリル樹脂でできたそのネックレスは、
主張しすぎない上品な光沢が魅力。

季節折々のファッションを楽しむ方へ。
秋のコーディネイトに。

Lucite ネックレス ¥12,600

*Lucite*
世界中にコレクターもいるほどの希少なアクリル樹脂のビンテージ素材。
独特の光の透け感と、光沢感が魅力的な他にはないマテリアルで、既に生産はされていない。

This is made of autumn leaves.

JeJe
[PR]
by jeje-blog | 2008-09-27 12:18 | Costume Jewelry
デザインがしっくりくる時計であっても、どこの国で作られていてどんなメーカーのモノなのか知りたいと思ったことはありませんか?
c0158081_3164542.jpg
時計を扱いだして改めて感じるのは、
時計はロレックスやオメガ、セイコーだけではないと言う事。

今では衰退してしまったメーカー然り様々なメーカーが存在しました。

メーカーの歴史を知れば、より深い想いをもって時計を愛でる気がするのでメーカーの歴史を少しずつお伝えしていきたいなと思います。

華奢な時計の代名詞、カクテルウォッチ。
JeJeに来られるお客様が探されている時計の中でも探されている方が多い時計です。

今回は、アンティークカクテルウォッチの中でも人気のある「BULOVA」を紹介。
c0158081_3282783.jpg
-BULOVA-
ブローバは実に多くの人に愛され続けてきた。
チャールズ・リンドバーク・マーガレット王女。ダグラス・モハメドアリetc...
また、アメリカの大統領専用機「エアー・フォースワン」に使用され、合衆国オリンピックチーム の公式時計に選ばれ、アメリカを来訪する賓客たちに贈られる「国家ギフト」に選ばれたのもブローバである。
アメリカ合衆国の発展とともに歴史を刻んだブローバは、現在もスイス・バーゼルフェアに数々の名品を発表している。

1911年、Joseph Bulovaは掛時計や置時計などクロックの製造をアメリカ国内で開始する。また懐中時計の開発、製造にも着手し、腕時計についても製品開発する。
1930年代から40年代にかけてはウォッチメーカーとして黄金期を迎え、同社が次々と発売した金張りスクエアケースの腕時計が爆発的なセールスを見せ、BULOVAはメジャー時計ブランドとして知れ渡る。

アメリカのメーカですが機械はスイス製ですので精度の高さも誇っていました。

現在JeJeにもBULOVAのカクテルウォッチの取り扱いがございます。
気になる方は是非店頭までお越しください。

JeJe
[PR]
by jeje-blog | 2008-09-21 03:49 | Watch
最近、jejeにはかわいいお客さまがいらっしゃいます。
気まぐれなあの方。

ふわり、としなやかに迷い込むのはキジトラの猫。
迷い込んだ、という表現は適切ではないかも知れません。
まるで良く知っている場所であるかのようでした。

記憶を辿れば、まだ冬の寒さが厳しい頃にも、ふわふわの白い猫が、トンッとカウンターに飛び乗ってきた事もありました。

この場所が昭和・スナックだった頃、猫を飼ってらしたのかしら。。
などと、想いを馳せる今日この頃。
どなたか、ご存じではないでしょうか?それとも、猫町トアウエストでは、日常の事なのかしら。

c0158081_121454.jpg


猫に目がない、と前回書いた上、今回も猫話で始めておいて何ですが、私のパートナーはミニチュアダックスだったりします。
このブローチは、愛犬が、どこか痒くて必死にもがいている時の顔そのもの。
モデルはうちのルーじゃないのか?と思う程良く似ています(ヴィンテージブローチなので、そんな事はないのですが・笑)
歌舞伎役者のよう。

c0158081_122298.jpg


特に動物のブローチは、表情がユニーク。
良く観察しているなぁと、作り手に感心してしまいます。
おもしろ顔、どんどんご紹介していきますね。

JeJe
[PR]
by jeje-blog | 2008-09-20 12:03 | JeJe
皆さん、秋です。
秋がやってきました。
今年の秋はどんなおしゃれを楽しみますか?
c0158081_021574.jpg
もう少し暑さが和らげば、春同様おしゃれも楽しみやすい素晴らしい時期がやってきます。

「コートを羽織るその前に、色鮮やかなお洋服にアクセントになるジュエリーを!」

今年は世間的にもクラシカルな装いがメイン・・・
c0158081_0365156.jpg
c0158081_0365971.jpg
いろんなことをしたくなる秋だから

街に出る、
旅をする、
美味しい料理堪能する etc...

どうぞ素敵な秋をお楽しみください。

その際はおしゃれも忘れずに!
c0158081_0534162.jpg
コーディネートのアクセントに着けたいシックな雰囲気溢れるブローチ ¥8,400
c0158081_185078.jpg
TWIGGYのようにビンテージなお洋服と合わせたくなるルーサイトのネックレス ¥12,600
c0158081_1125142.jpg
モードな装いに映えるゴールドトーンのイヤリング ¥8,400

c0158081_1153730.jpg

私もすっかり<秋>な装い気分です。

JeJe
[PR]
by jeje-blog | 2008-09-13 01:23 | JeJe

神戸猫町・トアウエスト

神戸猫町・トアウエスト。

最近、猫の親子と良く出会うのです。

JeJeの隣の三四公園を中心として、トアウエストには沢山の猫が住み着いています。
黒猫ちゃん、キジトラちゃん、茶トラちゃん。
その他にも、色んな毛色の猫が生活しています。

最近良く出会う親子は、茶トラの親子。
激暑の間、JeJeのシャッターの下の隙間(日陰で涼しい)でいつも寝ていた茶トラの猫がいたのですが、1月程前から、小さな子猫と歩く姿を見かけるようになりました。

まさにチャトラン。子供の頃観た映画「子猫物語」のチャトランに良く似ているのです。

c0158081_310553.jpg
c0158081_3101580.jpg


猫に目のない私はもう釘付け。
怖がられないように近づいて、ちょこっとだけコミュニケーションがとれた日にはもう有頂天。
素敵な瞬間でした。

「夏子はなかなか育たない」
祖母の言葉を思い出します。

家猫とは違い、路上生活をする猫達にとっては、夏の暑さは生命に関わる事態。
生まれて間もない子猫にとっては、厳しい現実です。
暑さゆえ、命を落とす事も珍しくありません。

どうか、長生きしてね、と願わずにはいられません。

祈りも込めて、猫のブローチをご紹介。

c0158081_038081.jpg

c0158081_0392458.jpg


年代は古くはありませんが、何とも愛らしい。
楽しげな表情に思わず頬が緩みます。
トアウエストの猫達にも、こんな楽しげな時間が沢山ありますように。

JeJe
[PR]
by jeje-blog | 2008-09-08 03:32 | Costume Jewelry
c0158081_024896.jpg
何年か前、自分だけの腕時計が欲しいなぁ・・・なんて思いながら過ごしていた時がありました。

お店にいらっしゃるお客様と話す中で出てくる頻度の高い話題に、
「欲しいと思ったときに限って欲しいものが見つからない、これって思ったモノに出会わない」
という話があります。

買い物しようって思って外に出たものの、
何が欲しいか分からなくて買ってはみたものの失敗。結局買わずじまい。
なんて皆様も経験したことあるんではないでしょうか?
私も経験者の1人。

やっぱり、いやはやそんなもの。

この時計も不意に私の前に現れたのです。
時計の知識が今より全然無かった頃に出会い迷わず即購入。
c0158081_039257.jpg
ただただデザインの良さに惚れ込めたのが久々で、有頂天だった気がします。
グルグルまわるディスクを眺めてるだけで幸せな気分に・・・。
今でも数少ない私のコレクションの中の1本です。
c0158081_0402335.jpg
-ERNEST BOREL-
1859年、Jules Borelと義理の兄弟であるPaul Courvoisierはスイスのニューシャテルに「Borel & Courvoisier」を立ち上げる。
1866年にニューシャテル天文台で開催されたクロノメーター・コンクールでは多くのスイスメーカーが参加する中、同社製(同社がケース、調整した)の時計が第一位を獲得。
さらに1870年、1875年、1876年にも同コンクールで第一位の名誉に輝く。
「Ernest Borel」は他社にはないユニークな完成品をリリースし注目を集め、
同社の代表的な腕時計『Cocktail』はKaleid scopio(万華鏡)を文字盤に模した製品。    1953年にリリースされロングリリースとなった『Cocktail』は腕時計愛好家のコレクトアイテムにもなっている。

と由緒あるスイスの時計メーカー、アーネスト・ボレルから発売された
「カクテル」という名の腕時計。

万華鏡という仕掛けの面白さは勿論の事、
品を兼ね備えた知的な印象を初めて見た時受けました。
黒とゴールドのコンビに差し色として使われている時針と分針の赤色がなんとも絶妙で
ナイスセンスです。

そんなカクテルが今回JeJeにも入荷しました。
止まった写真の中で見るよりも、ディスクが回る面白さを是非見に来ていただけたらなと思います。

1960’s ERNEST BOREL<Cocktail>
17石・手巻・SWISS MADE 
¥59,800(¥62,790)

JeJe
[PR]
by jeje-blog | 2008-09-06 01:15 | Watch
本日、uhhhにお店を任せ、オーナーと大阪市内某スタジオへと出かけたのでした。

-予告-Meets Regional 2008年11月号 (10月1日発売)
「第二特集:2008A/Wミーツ秋のファッション特集 関西ブランド、めくるめくその世界。」


こちらの特集にて、JeJeのアンティークウォッチが掲載されます。
中でもデザイン性の高いOMEGAを中心にセレクト。
メンズ、レディース共にセンスの光る時計をご覧いただけます。

c0158081_13455143.jpg


モデルさんも入っての撮影で、色んなポージングを取るモデルさんを遠目に、
スタジオを隈なく観察したりしたのでした。
撮影、勉強になりました。

実は発売まで一月を切っているというスケジュール。
あっという間に発売日を迎えそうです。

「グルメ」な目的で手にする方が多いかな、と思うMeets Regionalですが、
結構色んな企画をされています。
一味違う、ミーツでのファッション特集。乞うご期待。

JeJe
[PR]
by jeje-blog | 2008-09-06 00:56 | Press

Autumn's comming...!?

9月です。

強烈に暑かった夏。
8月だと言う事をすっかり忘れさせられるような涼しさが訪れたかと思えば、
昨日31日は、再び真夏の陽気に見舞われました。
今日も同じく、汗ばむ陽気..

秋モードで居たら良いのか、まだまだ暑い夏の余韻を楽しむべきか、
混乱させられる毎日です。

そんな中、JeJeには秋の足音。
ディスプレイも秋模様。

c0158081_21165044.jpg
c0158081_21165940.jpg


ブラウン、カーキ...etc.のオータムカラーに合わせて気になるのは、
やっぱりゴールドです。

c0158081_2119319.jpg

クラシカルな雰囲気に惹かれる、Avonのパールネックレス ¥13,650
c0158081_21193813.jpg

ガーネットカラーカットガラスがアクセントのブレスレット ¥8,400

JeJe
[PR]
by jeje-blog | 2008-09-01 02:49 | JeJe